日本施設協会は、公共施設のサービス向上を実現します。「住民サービスのさらなる向上」「管理運営の効率化と経費の削減」「イベント・セミナーなどの新たなサービスの創造

事業案内

指定管理事業について

施設の管理・運営に民間の能力を活用し、サービス向上を図ります。

弊社は日本初の公立図書館の指定管理者となりました。 (北九州市立戸畑図書館)
利用者の視点に立った、便利で快適な施設サービスを提供することを心がけています。図書館運営においては開館時間の延長や司書職員の配置率向上だけでなく、ビジネスセミナーや教養講座、医療情報セミナーなど、実のある情報提供を行い、「英語で読み聞かせ」「親子絵本づくり教室」などユニークな独自のサービスを提供しています。また根本的な接遇マナーにも留意し、利用者が心地よく利用できる環境づくりを心がけています。

また平成19年4月からは館内に図書室や多目的ホール、トレーニング室などが備えられた、久留米市・市民センター多目的棟の指定管理者(大石建設株式会社との共同企業体)となり、新たな事業展開へ羽ばたこうとしています。

今後も指定管理者制度の成長とともに発展すべく、精進してまいります。

指定管理者制度とは

平成15年6月に地方自治法が一部改正され、図書館等の「公の施設」の管理・運営に民間事業者等の参画が可能となる「指定管理者制度」が創設されました。「指定管理者制度」は、多様化する住民ニーズに、より効果的・効率的に対応するため、公の施設の管理・運営に民間の能力を活用し、サービス向上を図るとともに、経費の削減を図ることを目的とするものです。(北九州市ホームページより抜粋)

業務委託事業について

NSKは施設運営の大きな力になります

弊社は平成19年4月より、北九州市立・中央図書館の窓口業務等を一部受託しております。また各分館(勝山、企救、曽根分館)においても、業務を受託しております。指定管理者の業務と同様、誠実に業務を行ってまいります。

<中央図書館リンク>
北九州市・中央図書館公式サイト
視聴覚センター公式サイト

官公庁の委託制度について

官公庁の発注する委託の形態には業務委託と管理委託がありますが、管理委託についてはこれまで、公共的な団体に限定されていました。
平成15年6月の地方自治法の改正にともない、民間企業やNPOなど、個人以外、団体であればどこにでも業務と管理・運営などすべてを委託できるようになりました。

PFI事業について

日本施設協会はPFI事業に参加しています。

本事業地において、民間事業者が民間資金と経営能力・技術力(ノウハウ)を活用し、図書館、ホール、広場などの公共施設を整備し、その後指定管理にて15年間、図書館、ホールの維持管理・運営を行うものです。(PFI事業[BTO方式])
また、付帯事業として、事業地の一部を活用し、地域の利便性向上、活性化や街なか居住の向上などに寄与する民間施設を整備します。

最近の出来事

平成22年8月20日 PFI事業の[地鎮祭]に参加しました。

■今後の予定

平成22年1月 仮契約の締結
平成22年3月 事業契約の締結、指定管理者の指定
平成22年度 選定された民間事業者による設計等を進め、年内に図書館ホール等の着工
平成23年度 工事(図書館、ホール、広場・緑地、撥川)
平成24年度 夏に供用開始
事業案内 施設をご利用の方はこちら 管理施設のご案内 図書館司書を目指す方へ 司書バンク登録
セミナー情報
ビジネスセミナー
医療情報セミナー
医療情報セミナー
図書館司書を目指す方へ 司書バンク登録図書館司書を目指す方へ 司書バンク登録 図書館司書を目指す方へ 司書バンク登録
先頭に戻る